木本歯科クリニック自由ヶ丘歯科
白木原歯科和デンタルクリニック

福岡県、歯科、審美歯科、インプラント、矯正歯科|木本歯科|白木原歯科|自由ヶ丘歯科

一般歯科

むし歯

むし歯とは、むし歯菌がつくる酸によって歯のカルシウムが溶けている状態のことです。
そのむし歯菌は、歯の表面に付いた食べかすを栄養として増殖し酸を作ります。この酸によって、歯は溶かされていきます。これを「脱灰」といいます。(むし歯菌が増殖し塊となったものをプラークまたは歯垢といいます)
その一方で、歯が唾液中のカルシウムやリンを取り込んで、失ったカルシウムを補充します。これを「歯の再石灰化」といいます。
歯は常にこの脱灰と再石灰化を繰り返してバランスをとっています。
ですが、歯を磨かないでいるとバランスが崩れてしまい、むし歯菌による脱灰がどんどん進み、むし歯になってしまいます。

虫歯の進み方

またむし歯はその進行の程度によりC1~C4に分類されます。

C1図
C1.痛みを感じなくても、むし歯は始まっています。
歯に黒い着色や白濁(白い斑点)で始まります。症状はありません。この段階での歯科医師による適切な処置が大切です。
C2図
C2.冷たいものがしみる段階です。
う蝕が象牙質にまで進行している段階。冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れます。さらに進むと熱いものまでしみるようになります。
C3図
C3.痛みが強く出る段階です。
う蝕が歯髄に達すると炎症が起こり、歯髄内の圧が高くなり神経が圧迫され痛みを生じます。
C4図
C4.骨へ炎症が波及する可能性があります。
歯冠部(歯の頭の部分)がなくなり、歯根だけになります。痛みを感じることはなくなりますが、さらに進行して根尖に膿のかたまりができると、歯ぐきの腫張や痛みがでてくることがあります。ここまでくると歯は残せないことが多いです。

むし歯を防ぐには

むし歯を予防するには、一番は歯磨きをして食べかすやプラークを極力減らすことが大事となります。しかし、日頃の歯磨きだけではなかなか細かい所の食べかすやプラークは取れません。したがって、定期的な歯科医院での歯のクリーニングが必要となってきます。

また、子供さんたちの歯は大人の歯に比べてまだ成熟していないため、むし歯になりやすくなっています。このような子供さんたちには、歯を強化するためのフッ素塗布や、歯の表面の深い溝をお薬で埋めてむし歯にならないようにする処置(シーラント)をお勧めします。

歯周病

歯周病とは、歯周病菌が歯と歯ぐきの隙間(歯肉溝)に入り込み、深い溝を形成し(歯周ポケット)やがては歯槽骨(歯を支えている骨)に達し、その骨を溶かして、最終的には歯が抜けてしまう病気のことです。

歯周病菌も、むし歯菌とおなじく歯に付いた食べかすを栄養源にして、増殖し、塊となってプラークをつくります。さらに、プラークは唾液中のカルシウムやリン酸を取り込み石のように硬くなります。これを歯石といいます。
また、歯周病菌は、空気に触れると死んでしまうため、歯石は歯ぐきの奥へ奥へと作られていきます。
今や成人の8割が歯周病であると言われています。そして、むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。

歯周炎の進行度別解説

歯周病を防ぐには

基本的には日々の歯磨きが一番大切です。しかし、きちんと歯磨きをしているのに、なぜ多くの方が歯周病にかかってしまうのでしょうか?実は、ほとんどの方がきちんと歯磨きをしても、食べかすがきれいに取れたところで、「歯がきれいになった」と思っていることに原因があります。プラークは歯磨きをしたくらいでは完全には落ちないのです。そして、残ったプラークは歯石となり、歯茎の奥へと蓄積され、歯茎の中で炎症を起こしていきます。さらに、恐ろしいことに、自覚症状らしいものはほとんど現れません。自覚症状が現れたときには、すでに重症なのです。

また、歯周病の治療についてですが、現在、さまざまな治療法が研究されていますが、完全に歯周病を治療することはほとんど出来ません。その1つの原因としては、たとえ一時的に歯周病菌をある程度除去出来ても、完全に取り除くことは不可能だからです。もちろん、一度歯周病にかかり、歯ぐきの状態が悪くなっても、歯石を取り除くことによって、歯ぐきの状態を改善することはできます(残念ながら、完全に元通りにはなりません)。しかし、お口の清掃状態がまた悪くなると、以前に出来た歯ぐきと歯の隙間(歯周ポケット)に歯石が簡単に形成されてしまいます。ですから、最善の歯周病治療および予防は、定期的にお口の中をきれいにすることになります。

プラークや歯石はいくらきちんと歯磨きをしても取り除くことは困難です。完全なプラークや歯石の除去をするには、歯科医院で歯科衛生士のようなプロが専門の器械を使って定期的に除去しなくてはなりません。

つめものの治療(C1~C2)

つめ物の治療にはむし歯の大きさによって、大きく分けて2つの方法があります。

小さい虫歯

むし歯になっている部位を削り、削った箇所に白い樹脂(歯の色調に合わせて)をつめる、という方法が一般的となります。この場合、治療は1回で終了し、基本的に保険内の治療となります。

大きい虫歯

むし歯を削った状態で型取りを行い、それを元に丈夫な材料でつめ物を作成します。そして、できあがったつめ物を、お口の中で調整して装着することとなります。この場合、治療は2回かかります。

神経の治療(C3)

むし歯が大きく、神経まで達している場合は、神経をとらなくてはなりません。
神経をとった後は、何回か根っこの治療を繰り返し、痛みが改善され、根っこの中がきれいになったら、かぶせ物の治療に移っていきます。

慢性的にむし歯が進行して神経が死んでしまっている場合(歯の根っこが膿んでいる場合)も同様の治療となります。
歯の根っこの治療(神経の治療)が終わった歯は、土台を入れてから、かぶせ物を入れていきます。

かぶせものの治療(C2~C3)

かぶせ物の治療は一般的には歯の広範囲にむし歯ができていたり、また神経を取った後の治療として行います。
神経をとった後であるなら、土台が入った状態の歯を削り、型を取ります。その型を元に作成したかぶせ物をお口の中で調整し、装着することになります。

前歯のかぶせもの

奥歯のかぶせもの

歯を失った場合の治療法

失った歯をつくるためには、下のような方法があります。

入れ歯

歯の欠損した本数が少ない場合は、ブリッジという橋渡しのかぶせ物を入れることができますが、欠損した歯の本数が多い場合は入れ歯を入れなくてはなりません。(欠損した歯の本数が少ない場合でも治療方法によっては入れ歯を入れることもあります)
入れ歯を作成するにあたっては、何回か来院していただく必要があります。まずは、全体的な型取りを行います。次にかみ合わせを記録する作業を行います。かみ合わせが決まったら、それを元に人工の歯を並べ、実際にお口の中に入れて、かみ合わせや見た目のチェックを行います。その時点で大丈夫なら、次回入れ歯の完成となります。大まかに分け、4回の来院が必要ですが、治療方法や症例によっては、もう少し回数のかかる場合もあります。また、入れ歯は装着した後も、慣れるまでは何回か調整が必要です。

【全部床義歯】
【部分床義歯】

ブリッジ

ブリッジとは歯のない部分を橋渡しのかぶせ物で治すものです。
歯のない部分の前後の歯を削り、橋が架かるようにかぶせ物を装着します。入れ歯に比べると、違和感は少なく、自分の歯のように使用することができます。
しかし、歯の欠損している本数が多い程、削らなければならない歯の本数も増えてきます。また、欠損している歯の本数が多すぎる場合にはブリッジによる治療は不可能となります(保険内でブリッジを入れる場合は欠損本数や欠損部位によってその可否が決められています)。
さらに、健康な歯を削らなければならなかったり、土台となる歯への負担により、結果的に歯の寿命を短くしてしまうこともあります。
かぶせ物の種類によっては保険外の治療となりますが、自費治療のインプラントと比較すると、基本的に保険内で可能な治療であり、治療回数も少なくてすむので、歯の欠損本数が少ない場合は第一選択となることが多いです。

インプラント(自費)